profile

TOMISIRO (Yosuke Kakegawa & Naoyuki Honzawa)

恋のツキ、デザイナー渋井直人の休日、マクロス凵A龍の歯医者などのサウンドトラックやCM音楽のほか、リンダ3世、柴咲コウ、SMAPへの楽曲提供、Cana from Sotte Bosseなどの作曲、プロデュースを手がける「無境界」な2人組ユニット。エレクトリックな音楽制作のスペシャリストである一方、管弦アレンジを得意とし、ジャンル横断的な作品を生み出している。ベルリン・フィルハーモニック・オーケストラ125周年記念のための楽曲をドイツBoomTownMediaから、ハリウッド映画「スケルトン・ツインズ」に使用されたエレクトロニカ作品をイギリスLo Recordingsからリリースしているほか、南アフリカの女性アーティストNicole Sky(Sony Africa)にリミックスを提供するなど、地理的にも「無境界」に活動。 近年、ボーカリストKaoriを加えたユニットLanguageとしても活動しており、オリジナル・アルバム5枚のリリースのほか、WIRE、音霊、Sunset Lounge, DOMMUNEなどの音楽イベント、チャンネルでライブアクトを展開中。

Yosuke Kakegawa

90年代のイギリス滞在時の体験をきっかけに、AO(英)、Paratone(日)など、クラブミュージック専門レーベルの創立と音源制作に携わる。以後、ジャンル横断的で広範な音楽的バックグラウンド、冒険心、自由な発想と感覚的な作曲スタイルによって刺激的な作品を生み出してきた。DJ(DJ Synthesizer)としても活動中。

Naoyuki Honzawa

音楽一家に生まれ、幼少より様々な楽器に親しむ。 ポップミュージック〜クラブトラック〜映画〜CMなどの幅広いジャンルを手掛ける。 KARA(comp,arr)/JUJU(rec,mix)/水樹奈々(comp,arr)/星野源(manip.ondomo)/ケツメイシ(comp,arr)/佐々木希(comp,arr,rec,mix)/チームしゃちほこ(comp,arr)/Sowelu(comp,arr)/平原綾香(arr,mix)/溝口肇(arr,rec,mix)/宮本笑里(comp,arr,rec,mix)/FPM(comp,arr,rec,mix) /SUPER☆GiRLS(lyrics,comp,arr) /ファイナルファンタジーメビウスBGM(arr,rec,mix)/福原まり/NMB48/V6/オフィシャル髭男dism

- TOMISIRO -

Formed by Yosuke Kakegawa and Naoyuki Honzawa in 2002 after their individual activities as music producers/composers in England and Japan. They have become known as a composer duo after they dove into the diverse visual content productions including the original soundtrack to Takeshi Kitano’s film ‘Takeshis’’, TV/Film animations such as ‘Sergeant Frog’, ‘Lagrange - The Flower of Rinne’, ‘Hozuki’s Coolheadedness’, one of Japanese classic “anime” series ‘Macross Delta’ and lately ‘The Dragon Dentist’ which won the Magnolia Award at the Shanghai TV Festival 2017. They also have been producing music for the notable video games such as Final Fantasy XIII, Final Fantasy Mobius, and a significant number of TV/Internet commercial contents by leading Japanese directors including Yoshihiro Mori who earned the Gold Award at Cannes Lion Film Craft 2015. Eclecticism through a dynamic range of their musical backgrounds from the both impressionistic orchestral and modern electronic manners would be their prominent feature.